■お役立ちメニュー:霊園選びで失敗をしないために

当然のことですが霊園というのはその土地を利用する権利を購入することになりますのである程度まとまって費用が必要です。
ローンで購入をすることも出来ますが、支払いを遅延してしまうと撤去されてしまうこともあるのでお気をつけ下さい。 石材店は価格がほぼ同じとなっていますので、より安心することの出来る石材店を選ぶメリットが強くなります。
しかし中にはかなり高い料金設定をしてくる石材店も存在していますので注意をしてください。
民間霊園においてお墓を購入する場合につきましては、各石材店でその価格差がほとんどありません。
施工やアフターケアにおきましては、同様となっていませんのでご注意ください。

 

もしもフリーで霊園見学をしてしまいますと、自動的に石材店を決められてしまう原因にもなるので、あまりオススメすることは出来ません。
最初にあなたが希望をしている地域の信頼出来る石材店を選んでから霊園見学を行いましょう。

貸事務所
http://new-of-search.jp/



■お役立ちメニュー:霊園選びで失敗をしないためにブログ:14 11 18

わたしたち夫婦には、
生後三月になる子供がおります。

もちろん可愛くて仕方ないんですが…
とにかく泣き声がデカイ!!

「オギャー、オギャー」はかわいい方で、
あまり構わずにいると…

「ギョエ〜、ギョエ〜〜!ギャアア〜!!」と、
まるで虐待されているのではないか
と周りの人に思われるくらいの泣きかたをしてくれます。

家内とわたしに余裕があるときは、
「そうか、そうか、なにを泣くことがあるの。ハハハ」
なんて、笑って接してあげているんですね…

しかし、わたしたちも人間です。
疲れているときもあれば、余裕がないときもあります。

そんなときに、
「ギョエ〜!ギョエ〜〜!!」と泣かれると、
「うわぁ〜、もぅ疲れてるから、静かにしてぇ〜」という気持ちになったり、
「ちょっと、頼むから寝かせて!!」という気持ちになるのです。

こんなとき、
家内かわたしかどちらかに余裕があれば…

「パパは今日疲れているから、休ませてあげようね〜」とか
「ママはいま手が離せないから、パパと遊ぼうね〜」などと
お互いを気遣いながら、助け合うことができるのですが、
問題は、夫婦両方が疲労困憊のときです。

わたしが一番キツイなぁ〜と思ったのは、
やはり睡眠不足からくる疲れでしょうか。

わたしも、12時は仕事に出かけていますし、
家内も子供と付きっきり状態になると、
少し息抜きする時間が欲しくなります。

特に、
子供と親の感情は繋がっているなぁ…と、
シミジミ感じるのですが、
疲れ果てて機嫌が悪い日に限って、
子供も機嫌が悪いのかすごく泣いてくれるんですよね。

抱いても、おしめを交換しても、おっぱいをあげても、
「ギョエ〜!ギョエ〜〜!!」
もうお手上げ状態で、わたしたちの方が泣きたくなります…