■お役立ちメニュー:公営墓地は自治体が管理をする霊園

霊園というのはその地域と管理状況などによって権利を買う価格が大きく異なっています。
どんなに安い霊園だったとしましても、ほとんど管理をしてくれないような霊園では後悔をしてしまうことになるのでご注意ください。 公営墓地は自治体によって募集方法は少々異なっていますが、新聞などで年1回公募されることで抽選で入手者が決定されます。
募集対象とされるのは、まだ一度も埋葬されたことのない遺骨のある人となっており、その自治体に本籍や現住所のある人限定となります。
各都道府県、また市町村など自治体が管理や運営を受けている霊園のことを公営墓地といいます。
お墓を建てるためには、そのお墓を使用することとなる権利を取得する永代使用料が必要なのですが、公営墓地の場合におきましては、民営の墓地と比べて、永代使用料や年間管理費が安価となっています。

 

都心で非常に便利なエリアにある公営墓地というのは非常に人気が高くなっており、何年経過をしたとしても入手することの出来ない人が多数いらっしゃいます。
募集時期や応募資格、さらには応募方法等に関して、各自治体の霊園課などに確認をしましょう。



■お役立ちメニュー:公営墓地は自治体が管理をする霊園ブログ:01 1 19

俺が離婚をして
一年ほど経過したころ。

母が引越しの準備を手伝いに、
当時俺が住んでいた札幌に
遠路はるばるやって来ることになりました。

ちなみに、
俺の年齢もそれなりの域に達しているので、
パパも母ももう年なんですよね。

母はもともと身体が丈夫ではなく、
身体の調子が悪いと
すぐに体重が40Kgを切ってしまうような人なんです。

俺が離婚したときも、やせこけて
風が吹いたら飛んでしまいかねない
状態だったことも思い出します。

60歳ともなるとやっぱり体力は衰えます。
いつまでも甘えているわけにもいかないなぁ…と
激しく自己反省することしきり。

引越しの手伝いは、
母がやりたいとのことなので
ありがたく受けることにしましたが…

事実上は、俺の話し相手をメインに、
簡単で力の要らない仕事をしてもらおう!
と思うのでした。

…が。
母という存在はどうして、
あんなにもエネルギッシュなのでしょうか。

とりあえずは、
母には長旅の疲れもあろうと、
お茶でも入れてゆっくりしてから…と思いきや、

「箱は?ペンは?ハサミは?」
と、母は早々に引越し道具のチェック。

さらに、水周りのヨゴレをチェック、部屋中の曇りに目を光らせます。
「あんた、ここ掃除してるの?」

勧めた椅子にも座らず、
ベッド下にたまったホコリをボロ布でふき取り始めたかと思うと、
母は、そのまま部屋の床掃除を始めました。

しかも
「あんたは早起きしたから疲れたんでしょ。いいから、休んでなさ〜い」
だって!

母よ…
あなたは偉大です。

本当は疲れていても、
女の子の前では元気に振舞おうとしているのですね。

母とは、本当にありがたいものですね!
そんな風に思います。