■お役立ちメニュー:お墓をローンで購入するケースが多い

例えばどんなに素晴らしい霊園だったとしましても、お墓参りに行く時にあまりにも遠かったらかなりキツイですよね?
それとは逆に近所にあっても管理状況の悪い霊園では後悔をしてしまいますので、慎重さを持って選んでください。 もしお墓の購入費をローンで購入する時には墓石代をローンで支払うのが一般的となっています。
ただし永代使用料は分割することが出来ないケースが多くなっているのでご注意ください。
お墓の購入費についてですが、墓石代や永代使用料、または管理料などが必要です。
墓地購入費用というのは非常に高額となっていますので、最近におきましてはローンでお墓の購入費を支払う方法もあります。

 

お墓の購入費用というのは大変高額となりますので、事前になるべく多くの情報を集めておくようにしてください。
まずは霊園や墓地の現地見学会などに参加をして情報を集めることが重要なのです。



■お役立ちメニュー:お墓をローンで購入するケースが多いブログ:16 3 19

わたくし達夫婦の愛する娘は、1歳5ヶ月になりました。

生まれてから丸1年と5ヶ月が過ぎたわけですけど、
その間、ずーっと、わたくしや家内をはじめ
おじいちゃん達、おばあちゃん達に
「かわいい、かわいい」と言われながら育ってきています。

両親バカなのは大目に見ていただくとして、
普通、同じものを1年以上も同じ気持ちで、
あるいは、その気持ちを成長させながら
持ち続けることは難しいものですよね。

美人は三日で飽きる…なんて言葉もあるように、
どれだけ良いものでも、
単一的な見方ではどんなに良いものでも
必ず飽きが来て退屈してしまいます。

でも、息子の成長はすごく早いんですよね。
昨日まで出来なかったことが、ある日突然出来るんです。

その変化に驚かされ、そして、その変化に
「すごいなあ」と「かわいいな〜」が続いていきます。

両親から言えば、早く成長してくれるのは嬉しいけれど、
息子のかわいらしさが変わってしまうのは
惜しい気もします。

2歳になる息子を持つ友達がしみじみ言ってました。
「歩き始めて色んなことを自分でし始めると、なんか無性に寂しくなる…」

もっと大きい息子を持つ友達が言ってました。
「初めて幼稚園に息子が行った日は、こっちが寂しくて泣かされたわ」

息子の成長を見ていると
「今、この瞬間」に対する思いは深まります。

最近わたくしがよく思うのは
「1歳5ヶ月の娘は今しかいないんだな」ということ。

それと同時にわたくしの家内に対しても、
周りの人たちに対しても、自分自身に対しても、
「今の○○は、今しかいないんだな」
ということに気付かされます。