■お役立ちメニュー:お墓をローンで購入するケースが多い

■お役立ちメニュー:お墓をローンで購入するケースが多い



■お役立ちメニュー:お墓をローンで購入するケースが多いブログ:29 4 17


コンチワ^^

オレは毎日電車を乗り継いで通勤しています。

通勤ラッシュからは少しずれた時間帯なので、
比較的楽な通勤だとは思うのですが…

それでもオレはメールをしたり、本を読んだり…と
なんとか楽しく過ごそうと工夫しています。

オレはときどき、車両に乗ってるみんなの顔を見回して、
この人はむすっとしてるけど、笑ったらどんな感じなんだろう?
怖そうな人だけど、どんな話題に乗ってくるのかなぁ?
…などと一人で考えて、楽しんだりしています。

ただ、現実には、
目の前にいる人たち(オレも含めて)は
なるべくまわりの人とは
関わらないように自分の世界にこもっている感じ…

余計なことには巻き込まれないように、
まわりとの壁を高~くそびえ立たせているような
そんな感じがします。

この壁を崩すのは、かなり難しそう…

オレが気軽に話しかけたとしても
まったくたち打ちできそうにありません。

オレがかろうじてできるのは、
目の前に座ったお子様と
両親の目を盗んでこっそり遊ぶことくらい…
まだまだ度胸はありません。

でも、
たまたま席を譲ったおばあちゃんが喜んでくれたり、
小さなお子様を介して周りの人が話したりというのに出会うと、
オレはすごくうれしくなるんですよね。

本当は、
オレだけじゃなくきっと多くの人がそんな電車に、
そしてそんな世の中になるといいなぁと
思ってるんじゃないでしょうか?

こんな電車いいなぁ、
こんな世の中になったらいいなぁって意識する人が
たくさん増えたら、車両中が笑いでいっぱい!
なんていうことになるのかもしれませんね。

皆さんもそう思いませんか?

嗚呼,気分爽快
■お役立ちメニュー:お墓をローンで購入するケースが多い

■お役立ちメニュー:お墓をローンで購入するケースが多い

★メニュー

■お役立ちメニュー:公営墓地は自治体が管理をする霊園
■お役立ちメニュー:設備が整っている霊園を選ぶことがポイント
■お役立ちメニュー:霊園選びで失敗をしないために
■お役立ちメニュー:メリットが多い民営の霊園を利用する
■お役立ちメニュー:立地条件は霊園選びで大切
■お役立ちメニュー:宗教に関する問題が管理者によって存在する
■お役立ちメニュー:お墓をローンで購入するケースが多い
■お役立ちメニュー:霊園の管理状況や環境などを確認
■お役立ちメニュー:自分なりに希望の霊園をまずはまとめましょう
■お役立ちメニュー:指定石材店制を導入している多くの民間霊園


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)霊園豆知識の達人