■お役立ちメニュー:メリットが多い民営の霊園を利用する

■お役立ちメニュー:メリットが多い民営の霊園を利用する



■お役立ちメニュー:メリットが多い民営の霊園を利用するブログ:07 4 14


なんか、今日は気分が悪いです

美人でファッションセンスもばっちりのセレブ風OL。
責任あるポストを任され、毎日が忙しいキャリアウーマン。

このような方々の中には、
減量をしようとしているのに、
「過食」が止まらないという悩みを持っている方が
結構いるようなんです。

このような「過食」の悩みを抱えている彼女たちの特徴は、
人と一緒にいるときは普通なのに、
一人になったとたんに食べるのをやめられなくなる…ということ。

明らかに心に何か問題を抱えているんですね。
つまり、その問題のほとんどが、
「誰かに愛されたい」という心の寂しさなんです。

しかし、
たいてい本人たちは
「仕事が充実しているから、彼女がいなくても寂しくない」
「ボクは孤独なんかじゃない。だって友達もたくさんいるし」
と思っているようですが…

小さい娘を見るとわかりますが、
お母さんが忙しく、甘えたくても甘えられない娘って、
よく指をクチにくわえていますよね。

これは、赤ちゃんのとき、
お母さんのおっぱいを吸って、
安心した記憶が残っているからなんですよね。

だから、不安なときや寂しいときに、
赤ちゃんの頃と同じようにクチに何かを触れさせることで、
心の寂しさを紛らわせようとするのです。

これは、大人になってもそれは同じことで、
「過食」してしまうということは、
「食事」という行為で、クチに何かを触れさせようとしているんです。

つまり、本人たちは無意識でも、
それは「愛されたい」と願う気持ちや寂しさの現れなのです。

頑張りすぎず、素直に愛を求めれば良いんです!
そうすれば、必ず正常な食欲に戻ってくるはず。
正常な食欲に戻れば、減量はすぐに成功できるでしょう。

・・・と、書いてみるテスト
■お役立ちメニュー:メリットが多い民営の霊園を利用する

■お役立ちメニュー:メリットが多い民営の霊園を利用する

★メニュー

■お役立ちメニュー:公営墓地は自治体が管理をする霊園
■お役立ちメニュー:設備が整っている霊園を選ぶことがポイント
■お役立ちメニュー:霊園選びで失敗をしないために
■お役立ちメニュー:メリットが多い民営の霊園を利用する
■お役立ちメニュー:立地条件は霊園選びで大切
■お役立ちメニュー:宗教に関する問題が管理者によって存在する
■お役立ちメニュー:お墓をローンで購入するケースが多い
■お役立ちメニュー:霊園の管理状況や環境などを確認
■お役立ちメニュー:自分なりに希望の霊園をまずはまとめましょう
■お役立ちメニュー:指定石材店制を導入している多くの民間霊園


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)霊園豆知識の達人