■お役立ちメニュー:メリットが多い民営の霊園を利用する

後々後悔をしない霊園を選ぶことが最も大切ですが、そのためには失敗をしない霊園選びをする必要があります。
長い年月に渡って使用をする霊園なのですから、予め基本的な知識だけは頭に入れておいてください。 民営墓地の最大のメリットとしましては、墓地を購入するための資格や条件が比較的少ないということです。
生前建墓も可能となっており、郊外型霊園の場合には公園のような美しい景観を楽しめるように美しく管理されています。
民間における公益法人や宗教法人が管理と運営を行なっているのが民営墓地となります。
現在におけます民営墓地の事業主体というのは、財団法人と宗教法人が存在しており、これらは営利を目的として運営をすることは出来ません。

 

公営墓地と比べ購入に必要となる費用や管理費が高くなっている傾向にあるのが特徴です。
最近におきましては公営墓地並みの低料金の霊園も出てきていますので、複数の霊園を比較することが必要です。



■お役立ちメニュー:メリットが多い民営の霊園を利用するブログ:13 7 18

僕の祖母は、91歳のアケさん。
4年間に兄と
お子さん2人(僕のママ・叔父)を次々に亡くした。

ママを亡くした年の暮れに脳溢血で認知症になった。

親戚や知人は「これで良かったんかの…」と言った。
正気のままではアケさんが可哀想だと…

兄はともかく、
お子さんに先立たれることは何よりも悲しく辛い。
まして、年老いて出来たお子さん2人に先立たれるとは…

初孫である僕が県外からこの地に来てもう9年、
アケさんの介護を始めて6年以上経つ。

畑仕事が大好きで
「八百屋でもやるの?」というぐらいたくさんの野菜を作っていた。
毎朝方、畑から採ってくるブロッコリーが大好きだった。

野菜のほかにもキレイな花をたくさん育ており、
家の中は四季折々の花が飾られていた。

脳溢血になり、要介護2になったアケさん。
6年の歳月で今は要介護4になってしまった。

僕が「孫」だということは分かっておらず、
「しーちゃん」という存在でしかない。

アケさんとしーちゃんの2人暮らし。
要介護4、在宅介護はギリギリの状態だ。

デイサービスというものがあって本当に助かっている。
一人でする在宅介護は並大抵のものではない。

「孫が一人で祖母の介護をしている」という現実に、
周りもとても良くしてくれる。

約6年半介護しているうちに
「当たり前」の「毎日」になったが、
介護し始めの頃は多くの苦悩があった。

「お子さんに還る」という言葉その通りで、
いつでもどこでも僕の存在を探す。
僕がいないとダメなようだ。

そんなアケさんを、僕は失礼ながら可愛くてたまらない。

僕は小さい頃から本当に可愛がってもらい、
多くのことをアケさんの生き様で教えてもらった。
そんなアケさんに、今やっと恩返しできている。