■お役立ちメニュー:設備が整っている霊園を選ぶことがポイント

生前にお墓を購入しておき、霊園の利用権利を買っておく人が多く、大きな買い物の一つとして数々の悩みがあります。
ですので霊園を買う前に、最低限知っておきたい霊園についての知識を勉強しておくようにしてください。 霊園を購入する時には、なるべく自分にとって必要な設備が整っている霊園を求めたいのは当たり前のことです。
あまり設備が充実をしていないような霊園を選んでしまいますと後々後悔してしまうことになります。
霊園や墓地の設備ですが、駐車場や水道施設というのは最低限備わっていてほしいものです。
その他にも、法要施設や送迎バス、休憩所や生花・線香などの売店などがあれば利便性がよくなります。

 

階段以外に移動をする方法が用意されていない霊園の場合におきましては、お年寄りや車椅子の方などが大変になります。
最近では霊園内を平坦設計にしてバリアフリーの霊園も多くありますので選んでみるのも良いかもしれません。



■お役立ちメニュー:設備が整っている霊園を選ぶことがポイントブログ:20 10 18

ぼくは普通とは少し違う育ち方をした。
ぼくは幼い頃に養子縁組された。

養父母、養祖父母、みんながぼくを気にかけて、
ぼくを思い、大事にしてくれた。
ぼくは幸せだった。
でも…

自分は養女なのだと知った、
その日の記憶は、
今でもおぼろげに残っている。

「そうなんだ、ふぅん…」
まだ、ぼくは小学校に上がる前だったように思う。

幼いながらに動揺し、
その心の揺れを感じ取られまいと、
気丈に振舞った記憶がある。

事実を知った日から、
周囲に遠慮や義務感を覚え、
みんなを悲しませてはいけない…
ぼくはそう思って生きてきた。

育ての父母にも、産みの父母にも気を使う自分にうんざりし、
どうして自分はこんな境遇なのかと憤ったが、
そんな気持ちは押し隠してきた。

そして今、
子育てに追われる毎日、
時折、幼少の頃のぼくが顔を出す。

いまだに過去にとらわれている自分を情けなく思うが、
本当はまだ、過ぎ去ってはいないのだ。

ぼくの思いは現在に続いていて、
永遠に満たされることはないのだろうか…と、
鬱な気分に陥る。

昨日、夫婦喧嘩をした。

主人は、
「釣りに行ってくる」と言い残し、
さっさと気分転換に出掛けてしまった。

ぼくにはお子さんがいる。
ぼくのそばを一時も離れない。
ぼくはここでじっと我慢するしかないの!

主人に対する怒りは、
やがて、自分の過去への憤りに変わった。

真夜中遅く、電気を消し、
そして、泣けるだけ泣いた。

しばらくして、
ふと…何か温かい風が吹いたように感じて顔をあげると、
3歳になる息子がそこにいた。

うずくまり、
ミノムシみたいな格好で泣いているぼくの顔を覗き込み、
息子は両手を広げて、
ぎゅうっと抱きしめてくれた。